まずはレジスターとはどんなものなのか基本的なことから解説

レジスターは一般的にレジと呼ばれていますが、正式名称をキャッシュレジスターと言います。様々な商店において販売額を計算し、データを記録する機器です。昨今ではお釣りを計算してくれる機器として認識されており、特別な技能を有していなくても操作できることからアルバイトやパートとして働くハードルを大きく下げた存在でもあります。小売店や飲食店ではこの機器が設置された場所自体のことをレジと呼ぶこともあります。ほとんどのレジには売上金を保管するためのドロワーと呼ばれる引き出しが付いています。その形状や機能には様々な種類があるため、それぞれ何を取り扱うお店かによって異なった物を選択します。レジの選び方次第で業務の効率が大きく変わってくるので、慎重に選ぶ必要があります。

レジスターに搭載されている基本的な機能とは

レジスターの基本的な機能としては商品の売り上げ金額を打鍵することで、その記録が機器の内部に保存されるのが特徴です。その保存された内容はレジを操作することによって印刷できる仕組みとなっており、これがレシートや領収書になります。任意の期間で売上をゼロリセットする機能を有しているため、ワンシーズンごとなどで集計を取ることも可能となっています。レシートを発行するためには幅の細いロール紙を用意しておく必要があります。レジと言えばバーコードに通して商品の値段を読み取るのが一般的ですが、飲食店などではそもそも商品にバーコードを付けることが出来ないことが多く、その場合は商品登録機能が重要となります。商品登録数はレジによって異なるのでたくさんのメニューがあるお店などは、多くの登録が可能な機器を選択する必要があります。

あると便利な付加機能をいくつか紹介

レジにはいくつか付加できる機能があり、それぞれのお店に合わせた機能が搭載されている物を選ぶ必要があります。昨今では当たり前のように付いている釣銭の計算機能も付加機能の1つです。スーパーを始めとする小売店ではタイムセールや割引券などのサービスを行っているケースがあります。その際には割引機能のついたレジを導入することをおすすめします。消費税を自動で計算するのは割増機能の一例ですが、日本で販売されているレジでは消費税計算機能は標準的に搭載されています。昨今ではPOS機能が付いているレジを導入するお店が増えています。POS機能とはネットワークを活用することにより、商品単価の変更などをリアルタイムで行える機能です。いちいちレジ側から操作しなくても良い点が非常に便利です。

パーティションのブロッサムシリーズはカントリー調で使い込んだような風合いをお楽しみいただけます。 フィッティングルームはカーテンタイプからドアタイプのものまで取り揃えております。 カタログスタンドは卓上タイプからスタンドタイプまで豊富な種類を取り揃えております。 フィッティングルームはスチール製から木製まで取り揃えております。 ショーケースはアルミ素材から木製まで取り扱っております。 とっても便利なレジスターをあなたの元へ